現金化即日

現金化の利用する際、金額や受け渡しや期間に応じて手数料が変動します。
クレジットカードの現金化を利用する際には、クレジット会社に返済の際に支払う手数料の他に、現金化業者に一定の手数料を支払わなければなりません。

多くのクレジットカードの現金化業者では、手数料という名目ではなく換金率という名称を使っています。
昔からある、カードローンなどの、キャッシングは、お金を借りた時に発生する利息があり、この利息がクレジット会社の収入、利益となるからこそ、営業を行っているのであり、クレジットカード会社も分割払・リボ払いの利息収入があるからこそ、日々、営業を行っています。

そして現金化業者は手数料=換金率があるからこそ、業者の利益が発生し営業を行っているのです。
現金化業者を利用する際はまずこの換金率・還元率に注目してみてください。

その業者によってある程度換金率に差があるため、少しでも換金率の良い業者を選ぶ事が非常に重要ポイントとなってきます。では一体どの程度の換金率が妥当なのでしょうか?

率は実際には利用金額や、現金受け渡し期間に応じて変動してきます。一般に利用金額が高額であればあるほど、そして受け渡し期間が即日ではなく、3日〜1週間程度であるほど換金率が増加します。

現金化業者の換金率を見てみると、10〜20%程度業者や借り入れ状況に応じて変化するため、まずはこの換金率を少しでも下げる工夫・交渉を行ってみてください。

通常であれば1〜10万・11〜30万・30〜50万と、一定の借り入れ金額に応じて換金率が変化するため、自分が必要な金額がこの借り入れ金額の谷間に位置している場合、換金率を増加させるために、少しでも多くの金額を換金した方がお得です。

また即日の受け渡しであれば、この借り入れ金額に応じた換金率から、更に5〜10%程度換金率が低下します。ですから可能な限り即日利用は控えた方が賢明ということになってきます。

現金化業者への換金率を下げるテクニックとしては、業者が行っているキャンペーンを利用するのも一つの方法でも7あります。

多くの現金化業者では、初回利用者限定や一定の金額に応じてキャンペーンを行っていることもあり、自分にあった条件に該当する場合は換金率増加を目的として積極的に問い合わせしてみて下さい。

>>カード現金化即日サイト一覧はコチラ